みなさん、こんにちは*
はる(妻)です!

一緒に住み始めて、ベランダ菜園を始めました!
いろいろな植物や野菜を栽培中ですが、
今日は、ローズマリーについて書きたいと思います!

「料理にも、アロマでリラックス効果としても使えるから、ローズマリーが育てたいっ!!」
と夫に話していました。
でも、なかなか買うタイミングがなく・・・(うーん。。。。)っと
思っていたある日、

仕事を終えて帰宅すると(ただいまーーー)
夫「ローズマリー、駅近のお花屋さんで買ってきたよ(^^♪」
っと、いつもイジワルな夫さんですが、不意打ちでやさしい一面をみせてくれてほっこりします。

わたし「わーい、ありがとう♪」
わたし「でも、これ匂いがしないんだよ。ローズマリーってこんなんだったけ?」
夫「花屋さんでもこれがローズマリーですって言われたんだけどね。」

(くんくん)
確かに、ローズマリーの特有の匂いがしません・・・。
これでは、肉や魚の臭い消しや香りづけやアロマとしては使えないかな(´Д⊂)

調べてみると我が家にやってきたローズマリーは、
ウェストリンギア(別名:オーストラリアン・ローズマリー)
花の形や細長い葉が、ローズマリーに似ていることから、別名で呼ばれているそうです(*_*)
そして、このウェストリンギアの茎葉には、芳香がありません。
お花屋さんからしてみたら間違ったことは、言っていないし、
責めることは出来ません。
でもよく考えてみたら、お店で売ってるものって正式名書いてないの多いなー
精油もローズマリーとしか書いてないものもみます。


実は、ローズマリーには、いろいろな種類があります。
精油の効能として、ローズマリーは、リラックス作用や風邪予防、スキンケアなどそれぞれに効能が
違うんです!薬ではなく、自然の力なので、効能は個人差がありますが、

ローズマリー・カンファー
リラックス作用、肩こりや筋肉痛などの痛み止めとしての作用があります。

ローズマリー・シネオール
抗感染作用、抗菌作用があるので、風邪やインフルエンザの予防、緩和にも役立ったり、
集中力を高める作用があるので、勉強中や仕事中にも役立ちます。

ローズマリー・ベルべノン

しわなのどのエイジングケアや抜け毛のケアに向いています。
肝臓の不調や月経障害に役立ちます。

ローズマリー・カンファー
ローズマリー・ベルべノンは、
禁忌と注意があるので、乳幼児や妊婦さん、授乳中の妊婦さん、てんかん患者、精神系統の弱い方は、
使用をすることができません。

きちんとした名前がわからないと使用できない人もわからなかったり、
この効果があると思っていたのに、全然効かないなとかもあるので、
きちんとしたものを選んで選択することは、とっても大切ですね~*

今、アロマの勉強をしているので、こうしたお役立ちな情報をこれからも紹介していけたらなと思っています。