つよしです。

今日は資産運用について書いてみたいと思います。
わが家では、貯金額の一部を投資にまわしています。
やはり、リスクはあるものの銀行口座に預けておくよりは、お金たまっていきますし、
すべて投資というのではなく、貯蓄の一部は投資にまわして、お金に働いてもらって
お金を生んでもらいたいと思って投資しています。

さて、「投資」といっても色んな方法があります。

「FX」「投資信託」「仮想通貨」「IDECO」「株式投資」・・・・
このうち、わが家では「投資信託」と「株式投資」をやっていますので、
この2つについてやってみてどうだったかをお話ししたいと思います。

今日は「株式投資」について。
株式投資って聞くと、証券会社に行って、口座をつくって、
証券会社の職員から直接話を聞いて、
電話で「売りだ」「買いだ!」など言うイメージを持っていました。
やってみて気づいたのですが、今の株式投資というのは全く違いました。(当たり前なのかな)

ネットの証券会社に口座を開設して、携帯のアプリやPCからネットで
株がほしい会社の株と希望する値段と株数を入力するという、かなりドライ?なものでした。

実際に7月から3カ月運用してみました。色々な株に手を出しては、
失敗したり、成功したりを繰り返してきました。
総合計すると現在プラス10%くらいになっています。
ぼくが購入してきた銘柄は上場して3年以内の新しい会社が多いです。

あと、株式投資をする上で気をつけなければいけないのが、
税金です。株のもうけに対して税金が引かれるのですが、それが結構高いんですよ。
約20%もあります。なので、100万円稼いだら、20万円を確定申告時に返納の必要があります。涙

もう一つNISAという枠組みがあります
NISA枠があり、NISAで投資をすると↑で書いた税金が免除されます。
なので、100万円の利益が出たとしたら、100万円がまるっと利益になります。
ただ、NISAで買った株が下がってしまうとマイナスになったとしても税金換算にはいらないので
気を付ける必要があります。

どういうことかと言うと、、、
【NISAを使わない投資の場合】
A株の利益・・・100万円
B株の利益・・・50万円
利益合計150万円。税金(20%)が約30万円掛かり、
最終的に手元に残るお金・・・120万円

【NISAを使った投資】
A株の利益・・・100万円(NISA)
B株の利益・・・50万円(一般投資)
利益合計150万円。税金(20%)が50万円だけに掛かるので約10万円掛かり
最終的に手元に残るお金・・・120万円

【NISAを使った投資】
A株の利益・・・マイナス100万円(NISA)
B株の利益・・・50万円(一般投資)
利益合計はマイナス50万円。これはNISAにしなければ税金は掛からないのですが、
NISAで投資した分はマイナスだったとしても税金のカウントに入らないので、
B株の利益(50万円)に税金がそのまま掛かるので約10万円となり、
最終的に手元に残るお金・・・60万円となってしまいます。

説明が分かりづらくてすいません。

〇株式投資の特徴(つよし的まとめ)
・良くも悪くも乱高下があるので、リスクもリターンもでかい。(ギャンブル要素強め)
・毎日株の価格が気になってしまうので、携帯でチェックする時間が増えた。
・自分自身で好きな会社を応援できること。
・配当がある場合がある。(配当がない会社もあり)
・今まで全く興味のなかった会社の決算書の読み方や日本や世界の経済について関心を持つようになった。